当院の理念

病気になったら病院へ行く。

当たり前のことですが、日本の病院で行われている医療のほとんどは

西洋医学・現代医学と呼ばれるものです。

明治時代、様々なものが西洋の影響を受けて変わってしまいました。

医療もまた例外ではなく、江戸時代までは主流であった鍼灸・漢方が、

その地位を失ってしまいました。

 

それでもまだ、明治天皇や大正天皇は鍼灸・漢方の治療を受けておられたそうです。

しかし太平洋戦争後、アメリカのGHQによりこの医学は非科学的なものとされ、

その存在を否定されてしまいます。

 

こうして真の東洋医学は医療の片隅に追いやられ、

代替医療としてわずかにその地位を留めることとなりました。

しかし、西洋医学が発達するとともに、

そのほころびもまたクローズアップされてきました。

 

薬を飲んでも治らなかったり、

種々の新しい病気の出現にイタチごっことなる状況。

また薬の過剰投与の問題や医療過誤などの問題。

手術による後遺症や薬による副作用の問題。加えて莫大な医療費負担。

そして東洋医学を学んでいない医師による漢方薬の安易な処方。

 

これらの話題がメディアによって広まることで、

今また再び東洋医学は脚光を浴びるようになってきました。

ちなみに、かつて鍼灸や漢方を否定したGHQの本国アメリカでは

鍼灸や漢方などの補完代替医療が見直され、

莫大な予算を投じて研究が進められています。

 

ヨーロッパでも、鍼灸・漢方が受けられる病院が増え、

保険適応している国も増えました。

中国では当たり前のように大学病院に入院して

鍼灸治療・漢方薬処方がされています。

日本にこの医学が伝わってきてから1000年以上経っているのに

日本はものすごく遅れているのです!!

 

21世紀の今こそ、数千年の歴史を持つ東洋医学が、

医療現場での大いなる一条の光として輝きを放つ時だと確信しています。

東洋医学は、患者さんの訴えに耳を傾け、西洋医学では治らない苦しみに

著しい効果をもたらす事ができると実感しているからです。

 

当院の鍼灸治療を通じて、単なる慰安やリラクゼーションではない、

本当の東洋医学の素晴らしさを感じていただけるきっかけとなれば幸いです。

 

当院では現代中医学の理論を基に、日本古来の鍼灸法の優れた技術を融合させて

患者さんのお身体の状態に合わせた施術を行っております。

 

また、治療後は効果の判定を通じて、病気になった真の原因を解明し、

それに基づいた的確な養生指導を行います。

 

中国古代の医学書『黄帝内経・素問・霊枢』や

『傷寒論』等の古典が書かれた時代から受け継がれてきた真理を、

臨床を通して確認し、現代の風土と現代人の体質に合わせて施術します。